マッチ時報トップ > 想燐友の会 > 想燐友の会 第86回例会記

想燐友の会 第86回例会記

文責 加藤豊

 桜満開の時季、2019年度前期の例会日となる3月31日(日)に平成最後の例会が予定通り午後1時より恒例の亀戸文化センター内カメリアプラザ9階、研修室に於いて、会員諸氏が集い、本年最初の開催となりました。

 当日は、天候にも恵まれ、いつもより多い23名の出席者が集い、会員諸氏持参の紙モノ骨董品が楽しみを持たせてくれました。
 当日には、特別ゲストとして、たばこと塩の博物館の学芸員、青木 然様のご出席もありました。

 冒頭、工藤会長から発会のご挨拶の後、ゲストの青木様より、5月25日(土)から7月7日(日)まで「たばこと塩の博物館」に於いて開催の「魔法の着火具 モダンなラベルマッチ」展のご案内と案内チラシの配布がありました。
 続いて、初参加されたお二人、北村智仁様と栗原典雄様のご挨拶を承りました。
加藤会員からは、4月26日(金)から5月19日(日)まで目黒の雅叙園東京で開催の「猫都のアイドル展 at 百段階段」の猫展のご案内があり、総勢29名のアーチストに氏も加わり、猫のマッチラベルで出展のご報告とチラシ配布がありました。

 しばしの歓談のあと、恒例の盆回しに移り、会員諸氏からの珍品、逸品が机上を廻り、明治大正期の本票燐票、煙草燐寸票、多数の広告票や、外国製ブックマッチ、個人木版票他、マッチ以外の紙モノ骨董では、酒票、ビール缶ラベル、テレフォンカード、絵葉書各種までも数多く登場し、併せて、置き入札でも貴重な煙草燐寸燐票帳、皇室関連記事の新聞等が並び、各々、入札に思案しながら楽しい時間を共有できました。

 最後に、全員揃っての記念撮影を終えて、次回は、元号が「令和」となる第87回想燐友の会例会を2019年9月29日(日)、亀戸センターで開催予定といたしました。

夕刻に本会を終えて、二次会は、亀戸の居酒屋で学芸員の青木様を囲んで、会員有志との親睦会を楽しみました。

会員集合写真

【出席者】 敬称略
写真、前列向かって左より、飛田 健太郎(副会長)、清水 完浩、羽島 知之、 工藤 勝利(会長)、橋 達、劉 勝彦、加藤 豊(広報)、

中列左より、小山 修司、石原 康次、上ヶ島 理、酒井 陽太、中村 浩、北村 智仁、青木 然(たばこと塩の博物館)、入山 憲明、 

後列左より、栗原 典雄、 北沢 浩、 小川 昇一、 西沢 豊、 近松 義昭、 森 貴男、 山本 晴樹、蛭田 裕紀子、
以上23名

PAGE TOP