マッチ時報トップ > マッチ業界の動き > 平成25年 新年役員会開催

平成25年 新年役員会開催

1月25日(金)に社団法人日本燐寸工業会会議室に於いて、(社)日本燐寸工業会並びに協同組合日本マッチラテラルの新年合同役員会が開催されました。

最初に嵯峨山会長・理事長から「CR(チャイルド・レジスタンス)機構の導入でライターが使いにくくなり、マッチが見直されています。品質・安全性をさらに高め、マッチに対する需要を大事にして、日本の文化としてマッチを守り育てたい。」との挨拶がありました。また、副会長・副理事長からは、「過去にとらわれない柔軟な体制を取り入れることも必要。」「神仏燈火用にマッチの使用を積極的に推奨する等、マッチの出荷が3年続けて増加し、復権が図れるよう盛り上げていきたい。」との挨拶がありました。

引き続き新春セミナーを開催し、日本銀行神戸支店長・鉢村氏から「巳年の景気を占う」と題してご講演をいただき、地元兵庫の震災からの復興成功例は世界に発信でき、今後の景気回復が期待できるとの分析がありました。

2013新年役員会

PAGE TOP