マッチ時報トップ > 想燐友の会 > 想燐友の会 第84回例会記 

想燐友の会 第84回例会記 

文責 加藤豊

2018年度前期の例会は、4月29日(日)、午後1時より恒例の亀戸文化センター内カメリアプラザ6階、美術室に於いて、総勢19名の会員諸氏が集い、本年最初の開催となりました。

当日は、初夏を思わせるような気持ち良い晴天のなか、出席者はマッチ関連品をはじめ、沢山の紙モノ骨董品を抱えて持ち寄られました。

今例会では、羽島氏のお声掛けもあり、日本絵葉書会の会員でもある蛭田女史が初めて参加されました。紅一点でもあるので、次会も出席してほしいものです。

冒頭、工藤会長から発会のご挨拶の後、初参加の蛭田裕紀子さんから自己紹介を賜り、続いて、羽島氏より本年2月3日、テレビ朝日『世界が驚いたニッポン!スゴ〜イデスネ!!視察団』番組において、羽島知之氏の「号外」収集コレクション放映の報告がありました。

番組では、案内役の綾小路きみまろさんが羽島宅を訪問、長年に亘る羽島氏の号外コレクションが色々紹介されました。

次に、加藤会員からは、9月から12月にかけて、北海道苫小牧、札幌、兵庫県神戸の三ヶ所に於いて開催される「第10回 北の燐寸アート展」の案内報告がありました。

併せて、以前、日本マッチラテラルで作成した販促パンフレット「炎が生んだ産業」を全員に配布いたしました。

しばしの歓談のあと、恒例の盆回し、置き入札がスタート、今回も会員諸氏からの多くの珍品、逸品が机上を賑わし、明治大正期の国産商標燐票帳、チェコ外国票、戦前戦後の広告票や機関誌『想燐』のバックナンバー、マッチ割当通知葉書、マッチケース他、マッチ以外の紙モノ骨董では、酒票、千社札、煙草ラベル、タバコカード、宝くじ、葉書、記念切手、軍票、駅弁包装紙、各種ラベル帳までも数多く登場し、皆、高揚感を抱いて入札思案していました。

最後に、全員揃って記念撮影を終えて、次回、第85回想燐友の会例会は、2018年9月30日(日)、亀戸センターでの開催予定とし、解散後の二次会では、10名の参加者が揃い、乾杯のあと、久々の同好の士との収集品の情報交歓を楽しんで参りました。

84_1例会集合

会員集合写真

【出席者】 敬称略

写真、前列向かって左より、

飛田 健太郎、森村 薫男、工藤 勝利(会長)、羽島 知之、竹村 泰三、加藤 豊(広報)、

中列左より、

小山 修司、劉 勝彦、森 貴男、近松 義昭、入山 憲明、上ヶ島 理、

後列左より、

山本 晴樹、北沢 浩、蛭田 裕紀子、中村 浩、橋 達、西澤 豊、石原 康次、  以上19名

84_2会長挨拶

工藤会長挨拶

84_3ひるた初会員

初参加の蛭田(ひるた)女史

84_4羽島会員

羽島会員報告

84_5テレビ放映

「号外」特集テレビ放映

84_6燐票帳観覧

燐票帳観覧

燐票大中小セット

燐票大中小セット

マッチ割当通知葉書

マッチ割当通知葉書

広告マッチ

広告マッチ

PAGE TOP