マッチ時報トップ > 想燐友の会 > 想燐友の会 第82回例会記

想燐友の会 第82回例会記

文責 加藤 豊

4月30日(日)、2017年度前期、第82回例会が午後1時より亀戸文化センター内6階、第二会議室に於いて、総勢18名の会員諸氏が集い、開催の運びとなりました。

冒頭、工藤会長の発会のご挨拶において、風土社より発刊の季刊誌『チルチンびと』冬号のなかでのマッチ特集記事が無事掲載の運びとなり、工藤会長、加藤、上ヶ島諸氏の燐寸談義コメントも載った旨の報告がありました。
また、加藤会員からは、5月中旬以降に産経新聞・大阪版において、マッチコラム記事が産経ニュース・サイトと新聞紙上に掲載予定の報告がありました。
続いて、劉会員からは、1〜3月にかけて野田市郷土博物館1階展示室で開催した「劉勝彦さんの絵はがきコレクター人生」のコレクション展が大盛況のうちに終えた報告と、4月は、絵はがきコレクターとしての江戸風俗の展示会、5月には、相撲風俗のコレクションを横浜・美しが丘郵便局内で開催のお知らせがありました。

なお、今例会においては、常連参加の鈴木雄作、飯沼博両会員が欠席されたことが残念でした。

盆回しに入る前に出席者全員の集合写真を撮り、しばしの歓談のあと、恒例の盆回しがスタート、会員諸氏からの多くの珍品、逸品が机上を周り、今は懐かしい徳用大箱マッチ各種や機関誌『想燐』のバックナンバー、海外のマッチ、旧いブック型マッチ、珍しい国産輸出用ロウソクマッチ他、マッチ以外の紙モノ骨董なども登場し、皆、実に熱心に見入っておりました。

次回、第83回想燐友の会例会は、2017年10月30日(日)、亀戸センターでの開催予定とし、解散後の二次会では、9名の参加者が集まり、『趣味談義』で盛り上がり、各人、趣味に関わるキッカケ話、所蔵品の入手の経緯などを熱く語り合いました。

出席者

出席者

【出席者】 敬称略 (前列向かって左より)
工藤 勝利(会長)、 羽島 知之、 福田 浩、 竹村 泰三、 佐藤 昭夫、 森 貴男(中列左より)森村 薫男、 堀込 哲夫、 酒井 陽太、 中村 浩、 上ヶ島 理、 加藤 豊(広報)(後列左より)石原 康次、 山本 晴樹、 北沢 浩、 近松 義昭、 劉 勝彦、 入山 憲明、以上18名

82_2.工藤会長

工藤会長の挨拶

82_3.徳用大箱

徳用大箱マッチ

82_4.ロウソクマッチ

日本製ロウソクマッチ

82_5.ブックマッチ

旧いブック型マッチ

82_6.ラベル各種

各種ラベル類

82_7.会員入札品

会員机上入札品

PAGE TOP