マッチの歴史

日本では、清水誠(しみずまこと)が初めて工業的にマッチの生産を始めた人でマッチの始祖といわれています。
1875年(明治8年)に製法を学んだ清水誠が試作に成功し、翌明治9年に東京本所の柳原町に「新燧社(しんすいしゃ)」を設立。マッチ製造は国の輸出政策として始動し、各地でマッチの製造が始まります。東京から名古屋、大阪と関西にも広がり、最終的には兵庫県がマッチ製造の中心地となりました。
兵庫県で生産されたマッチは神戸港から世界に向けて輸出され、明治から大正にかけ、日本はスウェーデン、アメリカと並ぶ世界三大マッチ生産国となっていったのです。

第一次世界大戦から第二次世界大戦が終わるまでの間は日本国内のマッチ産業は低迷していたのですが、戦後昭和20年代後半からは、日本経済も大きく発展し、マッチ需要も息を吹返します。戦後のマッチ産業は、消費拡大を図る飲食店、喫茶店、ホテル、旅館、銀行などで広く配られるノベルティグッズとしての「広告マッチ」の市場を作り出し、需要を大きく伸ばしました。

100円ライターの登場以降、国内でのマッチ需要は減少の一途を辿っていますが、現在も海外への「広告マッチ」の輸出需要はあり、特に欧米では日本のメーカー独自の小ロット多品種生産への対応、クオリティの高さがその理由で、日本のモノ作りの確かさを感じます。

清水誠

新燧社のマッチ

マッチの地場産業

明治37年には兵庫県のマッチ製造業者はマッチ工場、軸木(じくぎ)工場、小箱工場を含めると83社となり、92の工場がありました。マッチ製造が一番先にスタートしたのは東京でしたが、輸出には不便で、東京・名古屋は主に国内向け中心に、大阪・神戸は国内だけでなく、輸出に力を入れ、特に神戸は華僑(かきょう)の力が絶大だったので海外輸出で大きく成功しました。

マッチ産業の黄金時代であった明治25年ごろから大正の半ばにかけて、マッチは繊維製品(生糸)、銅と並ぶ三大輸出商品であり、明治26~29年には神戸港から輸出されたすべての輸出品のうち、マッチが第一位(神戸税関資料)と記録されています。マッチ産業は、神戸や兵庫県の発展に大きく貢献した産業だったのです。

神戸がマッチ製造のメインになった理由としては下記のことがあげられます

  1. 当時日本一の貿易港であった神戸港が控えていたこと。
  2. 神戸では華僑の力が絶大であったこと。
  3. 雨の少ない「瀬戸内海性気候」が乾燥工程の多いマッチの製造に適していたこと。
  4. 豊富な労働力があったこと。

その後、神戸では各種産業が発展し、マッチ生産の中心は次第に西へと移動、姫路地域が現在の中心となっていきました。
現在でも西播磨(にしはりま)地域がマッチ生産量の90%を占めています。

マッチは環境にやさしいエコロジー商品!