English

マッチの歴史

マッチの需要旺盛 昭和41〜50年(1966〜1975)

 この時代は、いざなぎ景気と引き続き提唱された田中角栄の日本列島改造論で表現されるように、経済が大きく進展した時代である。
 社団法人日本燐寸工業会、日本燐寸工業組合および日本燐寸協同組合の従来の事務局(神戸市中央区北長狭通)が手狭になり、神戸市長田区浪松町に新しい事務所を建築、41年(1966)7月に完成した。(4階建て、延べ約660坪)
 昭和30年(1955)までのマッチの需要は並型マッチと家庭小型マッチが中心であったが、42年頃から広告マッチを中心に需要を大きく伸ばしてきた。広告マッチは明治時代にも存在していたが、家庭用マッチ(有標マッチ)に比べると数量も少なく影のうすい存在であった。昭和の初期に大規模のマッチ会社がスウェーデンマッチに吸収されて大同燐寸株式会社となった時、大同は家庭用マッチが中心であったのに対し、スウェーデン系以外の中小のマッチ会社は、広告マッチに力を入れていたといわれている。しかし、取扱い数量は少なかった。その頃は、広告マッチは商標を貼らない無地の箱いわゆる無標マッチとして出荷され、各地の広告マッチ取扱い店が広告商標を印刷し、家庭内職で商標を貼らして需要者に供給していた。昭和30年頃からマッチの小箱が紙製となり、広告商標を貼らずに直接側箱の紙に印刷するようになり、当初は広告マッチ取扱い店でシートに印刷してマッチ工場に供給することが多かったが、次第にマッチ工場に多色刷りの印刷機を設置し、印刷することが多くなってきた。
 昭和49年(1974)11月には、清水誠がマッチを製造してから100年になるのを記念して「マッチ100年記念式典」が盛大に催された。
 この時期が戦後もっとも多くマッチを生産した時代であり、価格も安定していた。昭和50年(1975)の昭和30年に対する用途別出荷量は、家庭用マッチは35%減少したのに対し、広告用マッチは3.5倍と大幅に増加し、マッチ全体で57%も需要を伸ばしている。自動燐寸製造機台数も増加し、業界全体で71台にもなった。需要量が増えるに従い合理化のために、数社が共同して生産をするようになった。昭和40年以降設立された協同組合を列挙すると次の通り。

組 合 名 設 立
昭和年・月
組合員数
共栄マッチ協同組合 40・7
白浜燐寸工業協同組合 41・3 12
宏和燐寸協同組合 41・11
姫路東燐寸工業協同組合 42・5
東海マッチ協同組合 42・6
明神マッチ協業組合 42・9 10
英和マッチ協同組合 43・8
日本ブックマッチ協業組合 43・9
セントラルマッチ協同組合 43・10 11
姫路燐寸工業協同組合 44・7
瀬戸内燐寸協同組合 45・4
太平マッチ協同組合 46・12
パイオニアマッチ協同組合 49・6
三宝燐寸協同組合 53・6
Contents
マッチ年表
1669-1912 〜明治
1912-1926 大正
1926-1989 昭和
1989- 平成
マッチの歴史
はじめに
マッチの黎明
マッチの創業
マッチの基礎固まる
マッチの進展時代
マッチの黄金時代
第1次世界大戦後の不況はじまる
スウェーデンマッチの日本上陸
第2次世界大戦に突入
戦後の廃墟から復興
マッチ製造機械化の進展
マッチの需要旺盛
マッチの代替品出現
マッチ業界の多角化
躍進続けるマッチ業界

 因みに、昭和30年から50年までのマッチ型別出荷量は次の通り。(出所:日本燐寸工業組合)

昭和家庭用たばこ用広告用総 計
マッチトンマッチトンマッチトンマッチトン
30286,954108,644395,598
31285,040127,378412,418
32288,537147,596436,133
33251,680145,040396,720
34268,304169,255437,559
35279,704183,881463,585
36305,250210,812516,062
37276,288210,442486,730
38265,662226,043491,705
39279,790265,881545,671
40295,98136,953244,531577,465
41279,65737,285275,274592,216
42276,57748,700341,577666,854
43255,34651,134360,627667,107
44248,09757,261396,291701,649
45231,75767,185430,560729,502
46198,25968,080424,051690,390
47183,60370,373460,227714,203
48214,98576,517490,175781,677
49228,33355,476373,580657,389
50186,05748,709384,801619,567

 東京都江東区亀戸天神社境内に建てられていた清水誠の功績を称える紀功碑が、第2次世界大戦の東京爆撃で破壊され、失ったままの状態で放置されていた。昭和50年にマッチ創業100年記念事業の一環として、清水誠顕彰会の人々の努力により清水誠の紀功碑および顕彰碑として再建され、5月12日に除幕式を行った。

清水誠の紀功碑(左)および顕彰碑

↑ PAGE TOP