English

マッチ年表 |1989- 平成

・:日本のマッチ界の出来事■:燐趣界の出来事●:海外でのマッチの出来事★:歴史、社会の出来事
Contents
マッチ年表
1669-1912 〜明治
1912-1926 大正
1926-1989 昭和
1989- 平成
マッチの歴史
はじめに
マッチの黎明
マッチの創業
マッチの基礎固まる
マッチの進展時代
マッチの黄金時代
第1次世界大戦後の不況はじまる
スウェーデンマッチの日本上陸
第2次世界大戦に突入
戦後の廃墟から復興
マッチ製造機械化の進展
マッチの需要旺盛
マッチの代替品出現
マッチ業界の多角化
躍進続けるマッチ業界
1989 (平成元)年★11月、東欧民主化革命でベルリンの壁崩壊。
1990 (平成2)年・9月、神戸商工会議所に於いて「デザインひょうご'90展」が開催、蘭渓文庫を出品。
★10月、東西ドイツ統一。
・11月、日本燐寸協同組合を協同組合 日本マッチラテラル(JML)に改組。
1991 (平成3)年・新宿に世界のマッチ販売店「マッチコレクションズ」が開店。現在は、高田馬場へ店舗移転。
・3月2日、社団法人 日本燐寸工業会創立40周年、協同組合 日本マッチラテラル(旧日本燐寸協同組合)35周年、日本燐寸工業組合35周年を記念し、「融合化の祭典」を神戸ポートピアホテルにて開催。
・10月、日産農林工業株式会社から「兼松日産農林株式会社」に社名変更。
1993 (平成5)年
・4月、神戸市主催の「アーバンリゾートフェア神戸'93」に於いて「マイ・コレクションギャラリー展」に協賛出品。
1994 (平成6)年■12月31日、ギネスブック公認、世界一のマッチラベル収集家、吉澤貞一(よしざわ ていいち)逝去、享年90歳。
・労働力確保推進事業、人材確保推進事業、実施。
1995 (平成7)年★1月、阪神・淡路大震災。
・バイオ研究所、全壊。研究所閉鎖。
・PL法施行にもとづき、マッチ業界としてPL対策委員会を設置。
■9月9日〜10月15日、「マッチラベル展・ポッケのなかの近現代史」東京渋谷たばこと塩の博物館に於いて開催。
1996 (平成8)年★商標法「平成8年改正法」が施行。連合商標制度が廃止。
1997 (平成9)年・10月、神戸ファッション美術館に於いて「神戸ハイカラミュージアム」が開催され、新旧のマッチラベル等を展示。
1998 (平成10)年・9月、日本燐寸工業組合、解散。以後、各種の調査事業は社団法人 日本燐寸工業会が受け継ぎ継続。
1999 (平成11)年・2月、社団法人 日本燐寸工業会の事務所となる南山手ビルが完成。
・9月、神戸らんぷミュージアムでの「神戸マッチ物語」に於いて「神戸・兵庫のマッチラベル展」が開催。
2000 (平成12)年★1月1日、商標法「平成11年法」が施行。
■7月9日〜15日、「古燐票博覧会」東京銀座ACギャラリーに於いて開催(燐票家・加藤 豊主催)。
・8月、社団法人 日本燐寸工業会がマッチのPRにホームページ開設。
2001 (平成13)年・1月、神戸ファッション美術館に於いて「生活・mono ・スタイル展」が開催され、明治・大正時代のマッチラベル等を展示。
■5月30日、『マッチレッテル万華鏡』(白石書店)が刊行。著者、加藤 豊。
2002 (平成14)年■1月15日〜3月29日、MOTSギャラリー企画展「マッチラベル グラフィック展」東京飯田橋モリサワに於いて開催。監修:加藤 豊。
・10月1日〜6日、姫路に於いて「クラシック・ラベルアート展」が開催(主催:姫路商工会議所青年部、後援:社団法人 日本燐寸工業会ほか)
・12月19日〜21日、大阪に於いて「燐寸・MATCH EXHIBITION 2002」が開催。(主催:社団法人 日本燐寸工業会、協同組合 日本マッチラテラル)
2003 (平成15)年・10月、協同組合 日本マッチラテラルが「オンリーワンマッチ」をホームページ上で販売開始。
2004 (平成16)年■1月25日、「想燐友の会」例会風景がテレビ東京「趣味のサークル」の番組で紹介。
・4月、田中マッチ株式会社が創業90周年記念として各社のオリジナルマッチ56種セットを製作、販売。新ブランド「月猫」「花猫」。
・「株式会社オガワ」として奴マッチ創業102年を迎える。
■10月30日〜2005年1 月10日、「マッチラベルの世界・ポッケの中の図像学」東京渋谷たばこと塩の博物館に於いて開催。
■11月25日、『マッチラベル博物館』(東方出版)が刊行。監修:加藤 豊。
■12月2日、テレビ朝日「徹子の部屋」番組に「華麗な極小マッチラベル」の題で燐票家・加藤 豊出演。
2005 (平成17)年★3月25日〜9月25日、名古屋に於いて21世紀最初の万博「愛・地球博」が開催。
・4月26日〜5月29日、岡山県立美術館に於いて「燐票大展覧会」が開催。
・5月4日〜16日、松坂屋・名古屋本店に於いて「マッチ箱アートの世界・燐票浪漫展」が開催。(主催:社団法人 日本燐寸工業会)
・5月14日、国産マッチ生誕130周年記念。清水 誠顕彰碑再建30周年記念。亀戸天神参拝。
■6月16日、NHK教育テレビ「視点・論点」番組に「燐寸の美」の題で燐票家・加藤 豊出演。
■10月29日、「想燐友の会」例会60回記念大会開催。
・12月2日、ウェブサイト「マッチの世界」開設。ミュージアムにて蘭渓文庫の燐票を紹介。
http://www.match.or.jp/
・12月2日、新神戸オリエンタルホテルに於いて「国産マッチ生誕130周年記念式典」が開催。
2006 (平成18)年
■1月13日〜25日、表参道、オーパ・ギャラリーに於いて「オリジナル燐寸ラベル & マッチ箱アート展 vol.5」開催。100名を越すアーチスト、イラストレータ、デザイナーによるオリジナルマッチの展示販売。
・3月14日〜4月16日、神戸らんぷミュージアムに於いて「時代を映すマッチラベル展 大正・昭和の広告マッチと趣味のマッチラベル」開催。
・12月5日〜6日、東京渋谷、桑沢デザイン研究所の学生公募によるマッチ公募展「燐寸!マッチ!MATCH!EXHIBITION 2006」開催。(主催:社団法人 日本燐寸工業会、業界活性化委員会 デザイン広報:加藤豊)
■12月、ライターメーカー、フジワラが加藤豊監修のもとZippoライター「MATCHBOX LABEL SERIES」を限定販売。
2007 (平成19)年■5月23日〜7月1日、テプコ浅草館に於いて、三遊亭あほまろ主催の「幸せになれるマッチワールド展」開催。
・7月21日〜9月2日、苫小牧市博物館に於いて「マッチワンダーランド 歴史・デザイン・喫茶店文化」開催。(協力:社団法人 日本燐寸工業会、加藤豊)
・9月、社団法人 日本燐寸工業会と株式会社 足立とのコラボレーションにより「コウノトリ巣立ち記念マッチ」販売。
・11月4日、ひょうごフェニックスフェスタ2007に於いて体験学習「オリジナルマッチをデザインしよう」イベント開催。
2008 (平成20)年・2月6日〜14日、東京新宿、小田急百貨店に於いて「神戸セレクション」開催時、株式会社ナカムラの「2こまッチ」展示販売。(主催:財団法人 神戸市産業振興財団)
■5月17日〜6月1日、苫小牧に於いて苫小牧在住有志により「第一回 北のマッチアート展」開催。
・7月、かつてはマッチ販売にも関わっていた森友通商株式会社が創業155周年を記念して当時の復刻記念マッチを制作。
・8月、社団法人 日本燐寸工業会より「Red House マッチ」発売開始。
2009 (平成21)年・2月6日〜10日、東京、新宿パークタワーに於いて「デザイン・ルネッサンス神戸」展開催。株式会社ナカムラの「バースデーマッチ」発表。
・3月21日〜22日、神戸ポートアイランドに於いて「第13回 産業企画展」開催。協同組合 日本マッチラテラル組合員のマッチ他商品を販売。
・7月18日、神戸、北野・工房のまち内にマッチ専門店「マッチ棒」開店。
2010 (平成22)年■1月、ジャパン・マッチ・コレクターズ・クラブ(J.M.C.C.)終焉。佐藤克己会長、逝去。
・5月22日、「国産燐寸誕生135年」、「清水 誠顕彰碑再建35年」を記念して東京、亀戸天神参拝。主催:社団法人 日本燐寸工業会、東燐会
■9月17日〜24日、苫小牧に於いて「第二回 北の燐寸アート展」開催。
・10月1日〜11月28日、姫路文学館に於いて特別展「鉄道と旅と文学と」開催。鉄道や文学作品当時の時代背景に合わせたマッチラベル、パネルを展示。
■10月31日、想燐友の会「70回例会記念大会」を東京、亀戸文化センターに於いて開催。
・11月20日、協同組合 日本マッチラテラルより発刊の『マッチ時報』が377号をもって休刊。創刊は昭和53年11月9日。今後は、Webサイト内にて『マッチ時報』コーナーを設ける。
・11月20日〜12月12日、姫路科学館に於いて「おもしろマッチ展」開催。マッチの歴史、化学、マッチラベル等の展示、解説。
・11月26日〜12月26日、六甲ヒルトップ・ギャラリーに於いて「燐票 マッチラベル 展」開催。マッチで灯す六甲山上キャンドルナイト、イベント開催。
2011 (平成23)年■1月9日〜23日、表参道、オーパ・ギャラリーに於いて「オリジナル燐寸ラベル & マッチ箱アート展 vol.10」開催。
・1月24日〜2月24日、京都工芸繊維大学・美術工芸資料館に於いて「手の中の世相 マッチラベルコレクション」開催。社団法人 日本燐寸工業会として外国製マッチラベル図版を提供協力。
★3月11日、東北地方太平洋沖地震、発生。
・5月、Webサイト、ヴァーチャルミュージアム「マッチの世界」が国立国会図書館のデータベース・ナビゲーション・サービス(Dnavi)に登録。Dnaviから「マッチ」で検索可能。
■6月1日、書籍『マッチラベル パラダイム 燐票商標様式美』(木耳社)が発刊。著者、加藤豊。
■6月1日〜7日、東京丸の内、丸善本店ギャラリーに於いて加藤豊、中村 仁による「LABEL match ART展 マッチラベル・デザインとアートの出会い」開催。燐票家と美術家とのコラボレーション。
・5月20日、神戸マッチ株式会社が伊藤園との共同開発で「茶殻入りマッチ」発売開始。
・9月17日〜24日、苫小牧に於いて「第3回 北の燐寸アート展」開催。後援:社団法人 日本燐寸工業会。
・11月18日〜20日、第1回神戸マラソンの「東日本大震災復興支援チャリティ」に於いて復興を願いながら、緑のマッチを被災地地図に差し込む「緑の東日本地図オブジェを作ろう!」イベントを実施。
2012 (平成24)年
■1月21日〜3月11日、福岡アジア美術館に於いて「魅せられて、インド。 日本のアーティスト/コレクターの眼」展開催。マッチラベル・コレクター、加藤豊所蔵の日本製インド向け輸出マッチ出展。
↑ PAGE TOP